スポンサーリンク

【世界連邦運動】世界連邦運動と伊勢神宮と貸金業協会

三極委員会・世界連邦運動

尾崎行雄〜wiki
尾崎行雄(おざき ゆきお、安政5年11月20日(1858年12月24日) – 1954年(昭和29年)10月6日)は、日本の政治家。日本の議会政治の黎明期から戦後に至るまで衆議院議員を務め、当選回数・議員勤続年数・最高齢議員記録と複数の日本記録を有することから「憲政の神様」「議会政治の父」と呼ばれる。正三位勲一等(1946年(昭和21年)5月4日付返上)。伊勢神宮内宮前・合格神社の祭神
号は咢堂(がくどう。最初学堂。愕堂を経て咢堂)。称号は衆議院名誉議員、東京都名誉都民。世界連邦建設同盟(現、
世界連邦運動協会初代会長

合格神社
昭和29年10月6日、「憲政の神」といわれる尾崎行雄(号:咢堂)が96才の天寿を全うした。
この日をもって尾崎行雄(咢堂)の崇拝者が集まり、咢堂精神を守り育てていくことを誓った。
創始者の吉川勝弘は神社建立地にふさわしい場所を確保し、尾崎咢堂の著書「学問と生活」と「人生の本舞台」の教本を御祭神に奉納した。 また、大阪の実業家 
廣瀬公邦らの支援を受け、昭和59年11月18日「学問と政治」の守護神として合格神社が建立された。
その際、本殿に伊勢内宮(ないくう)、外宮(げくう)の末社之諸神もお迎えしている。

廣瀬公邦
・全国庶民金融業協会連合会 副会長(第96回国会 大蔵委員会 1982.5.7時点)
※同時期の全国庶民金融業協会連合会 会長→丸山慶蔵
・(社)全国貸金業協会連合会 会長(日本金融新聞98.3.10号時点)
・日進(手形割引会社・大阪)経営、大阪府貸金業協会 会長、横領事件で逮捕
実業界 2000年1月号より。其の二。)より

全国貸金業協会連合会〜wiki
社団法人全国貸金業協会連合会は、金融庁所管の社団法人。各都道府県の貸金業協会を会員とするサラ金業界の団体。2007年に解散した

所在:東京都港区三田3-7-13
会長:石井恒男 ※(株)富士信(東京都大田区)代表取締役

貸金業の規制等に関する法律に基づいて設立された、貸金業の業界団体であり、各都道府県に都道府県貸金業協会を持つ。金融庁は2007年12月19日新たな業界団体日本貸金業協会」の設立を認可し、全国貸金業協会連合会は18日付で解散した。

沿革
1973年 – 全国庶民金融業協会連合会設立。
1984年 – 全国貸金業協会連合会に変更。
2007年 – 解散

日本貸金業協会〜wiki拾い読み参照
会長:飯島巖:元(株)オリエントコーポレーション代表取締役会長
副会長:神内博喜(公財)日本国際協力財団評議員→ご近所シリーズ10に接続
公益理事:内田公三ご近所シリーズ25

タイトルとURLをコピーしました