スポンサーリンク

シーメンスと安川電機

電力・原子力

アレヴァNP(2014年3月29日 (土) 17:42 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

アレヴァNP (Areva NP) は、フランスの原子炉メーカー。旧 フラマトムANP (Framatome ANP)。フラマトム (Framatome) が母体。
原子力複合企業のアレヴァグループの一員。持株比率はアレヴァSA 66%、
ジーメンス 34%

江戸時代から日本に入り込んでいるシーメンス。

シーメンス(2016年1月29日 (金) 11:35 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

シーメンス事件(2016年3月8日 (火) 10:36 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』


そして、シーメンスと関係が深い安川電機

■安川シーメンスオートメーション・ドライブ(株)
本社:ゲートシティ大崎ウエストタワー

(一社)科学技術と経済の会-沿革より

20150712_60301

安川第五郎(2015年8月17日 (月) 00:22 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

安川第五郎(やすかわ だいごろう、1886年(明治19年)6月2日 – 1976年(昭和51年)6月25日)は、日本の実業家。安川電機社長、九州電力会長、日本原子力発電初代社長、日本原子力研究所初代理事長、日本原子力産業会議会長、1964年東京オリンピック組織委員会会長。

経歴
安川財閥創始者である安川敬一郎の五男として、福岡県遠賀郡芦屋に生まれる。1906年(明治39年)、福岡県立中学修猷館を卒業。同期に
緒方竹虎、一年先輩に中野正剛がおり、在学中は玄洋社の明道館において柔道を学んでいる。その後、第一高等学校を経て、1912年7月、東京帝国大学工科大学電気工学科を卒業し、日立製作所に1年間勤務する。

米国ウェスティングハウスにおいて研修の後、1915年(大正4年)7月、兄・清三郎とともに、株式会社安川電機の前身である、合資会社安川電機製作所を創設し、モーター・電動機に製品を絞り込
み発展を遂げ、1936年(昭和11年)、社長に就任する。第二次世界大戦後は、1946年(昭和21年)2月、石炭庁長官に就任するが、同年、
GHQにより公職追放を受けた


ファナック(株)の沿革より

1975年6月-ドイツ、シーメンス社と営業、技術に亘る相互援助契約を締結

タイトルとURLをコピーしました