小沢氏が“身辺整理”? 拠点マンションを売りに
2013年4月29日号 PRESIDENT ONLINE

その小沢氏が、自らの政治資金管理団体「陸山会」の事務所である東京・赤坂の超高級マンション「チュリス赤坂」701号室を売りに出した。

小沢氏は
1995年に購入以来、長年ここを活動の拠点にしてきた。小沢系政治団体のほとんどがこの部屋に事務所を置き、元秘書3人もここで働いていた。政治家と秘密の会合や親しい政治記者との懇談も行われた。東京地検特捜部のガサ入れを受けたことがあるし、小沢氏が有名弁護士ら弁護団と裁判対策を練ってきたのもこの部屋だ。

部屋の広さは117平方メートル。購入価格は約1億7000万円。購入費用は陸山会の政治資金だ。15階建てのマンションで築30年と老朽化しているが、国会議事堂から徒歩10分足らずという好立地のため資産価値は高く、売り出し価格は1億2000万円弱程度とみられる。

■考察
チュリス赤坂のハココネ
陸山会
小沢一郎政経研究会
小沢一郎東京後援会
(財)日本国際フォーラム
東アジア共同体評議会
グローバル・フォーラム

陸山会の登録政治資金監査人→会計参与支援センター参照
このNPO法人の所在地マンションもハココネ用でしょうかね。
日本政策投資銀行・小村武総裁の頃の住所(505号室)ですね。