ニツセキハウス工業(株)
1949年8月1日-設立
1994年10月25日-中央区日本橋小伝馬町1-4 小伝馬町ビルから
渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワーに移転
1996年12月-堀内三郎社長失踪
1997年1月-第一勧業銀行が小野グループに再建を要請
1997年6月27日-小野グループのメンバーが役員に就任
1999年8月7日-東京都港区高輪2-15-21 高輪小野ビルに移転
2002年10月30日-東京都港区六本木5-13-12に移転
2002年10月30日-壽工業とともに民事再生法適用申請
2002年11月1日-東京地方裁判所民事再生手続開始
2002年12月2日-(株)セレコーポレーション(東京都港区)真木伸一社長に譲渡
2003年4月24日-東京地方裁判所再生計画認可決定
2004年3月31日-株主総会決議により解散
2004年4月1日-東京地方裁判所の再生手続終結
2004年7月29日-清算結了

■役員抜粋

代表取締役
未詳-1997.1解任
堀内三郎
代表取締役
1996.7-1997.6
杉本隆 タカラパック参照
代表取締役
1996.12-1997.6
堀内祐二
代表取締役
1997.6-1999.4
菅原敏行 守随ビルディング参照
代表取締役
1999.4-2000.12
取締役
1997.6-2000.12
古市宏幸 1997年5月-(株)第一勧業銀行 銀座支店長
2000年12月-(株)ヤナセ 常務取締役
2001年10月-同社 専務取締役
2002年12月-同社 代表取締役副社長
2004年10月-同社 代表取締役社長
取締役
未詳-1997.6
斎藤紀一 勧友商事参照
取締役
1997.6-2002.10
小野光太郎 小野グループ
取締役
1997.6-2002.10
小野稔 小野グループ
取締役
1997.6-2002.5
千村恒人 サンレジャーと第一勧銀人脈参照
取締役
1997.6-
神農雅嗣 セレコーポレーション参照
代表取締役
2003.5-
取締役
1999.6-
清算人
2004.4-
白石政美 タマホーム参照
監査役
1997.6-2003.5
平山忠文 サンレジャーと第一勧銀人脈参照

【東経マンの倒産検証】 銀行を手玉に取った巨額粉飾倒産劇
2012年11月12日 社案.com

阪神淡路大震災が起きたのは平成7年1月17日のことである。その後、この仮設住宅建築に乗り出した1社が東証1部ニツセキハウス工業㈱だが、地元の下請けへの支払いが滞り、経理部長が反社組織に監禁されニツセキハウス工業の粉飾決算を裏付ける二重帳簿が反社へ流れ、これを知った同社の主力行、第一勧銀(当時)が平成9年1月に同社再建を依頼したのが小野グループである。そして、同年6月にグループのメンバーが役員に就任し、ニツセキハウス工業は小野グループとなり最終的に平成14年10月に民事再生手続開始申立(平成16年3月解散)の経緯がある。平成9年6月というタイミングは総会屋に対する利益供与事件で、第一勧銀は幹部役員などが逮捕され役員総入れ替えで揺れ動いた、激震が走った時期と重なっている

小野グループの粉飾の発端は、この平成9年以降のニツセキハウス工業への125億円の投融資の失敗と記されているが、果たして本当にそうなのか十分に検証する必要があるだろう。