スポンサーリンク

みずほ銀行員ぎょうせい私募ファンド事件

事件

■みずほ銀行員ぎょうせい私募ファンド事件
個人的に、こう呼んでいます。略して「みずほ私募ファンド事件」です。
この件を分析し始めたのは、どなたかが怪文書を日本プロファイル研究所に回してくれたのがきっかけです。

資料A~プラネットホールディングス

なかなか奥が深い文書で、当サイトは宝くじ人脈研究では日本唯一だと思うのですが、その人脈とも繋がることから、徹底的に調査を始めた次第です。

ポイントとなるハコモノ

そして、”ぎょうせい“という会社を麻生大臣の閨閥会社である(株)麻生が買収したことにより、調査の裾野が広がった訳です。

【随時更新記事】麻生による、ぎょうせい買収の検証

自民党宏池会のハココネ争奪で、三極委員会を脱けた加藤紘一議員から麻生太郎議員に、そっくりハココネが入れ替わったような感じになると分析できます。

関連記事は「プラネットホールディングス」カテゴリーを参照。

2014年09月30日:【みずほ銀行】みずほ銀元幹部を詐取容疑で告訴 2億円超、顧客が被害訴え

2014年09月30日:【ネット爆弾】みずほ銀行詐欺被害者の会”の集団訴訟

2014年10月6日:【私募ファンド事件】薬師寺保栄氏 元みずほ銀行行員に1.3億円騙し取られていた

■考察
そして、「プラネット」をキーワードとする一大コネクションへと。
日本の名閨閥が築いてきたハココネの姿が見えてきています。

6月28日:星とか++より

1006a

Nissay

小林星蘭 「日本生命セ・パ交流戦」の応援大使を務めています!(テアトルアカデミー)

(株)テアトルアカデミー
代表取締役:神野嘉文ティー.エフ.シー.(株)取締役
元代表取締役:浅井健二:(株)双海通商 代表取締役、ティー.エフ.シー.(株)代表取締役

双海通商に各方面から熱い視線が注がれている件

タイトルとURLをコピーしました