スポンサーリンク

ナカヌキヤ〜wiki拾い読み

wiki拾い読み

ナカヌキヤ–wikiより

ナカヌキヤは、化粧品や生活雑貨等も扱うディスカウントストアである。かつては家電量販店でもあった。経営は株式会社ナカヌキヤ。代表者は久保敏志(親会社であるエスケイジャパン社長を兼任)。営業店舗は3店舗。(2011年8月現在)

概要
大阪・日本橋にあるでんでんタウンの老舗電気店「中川無線電機」(通称:中川ムセン、現在はでんでんタウンから撤退、三重県にある有限会社中川無線とは無関係)が、経営悪化からキョウデン傘下となったことを受け、2001年11月に中川ムセン日本橋本店を新たな店舗ブランド「ナカヌキヤ」に変更。従来の家電量販店の枠を超え、粗利の低い家電製品からより粗利率の高い化粧品や雑貨・衣料品などに主軸を置いた店舗としてリニューアルした。同店の一階には中川ムセン時代の末期より同じくSHOP99当時はキョウデン傘下、現ローソングループ)が入居し、家電を買ったポイントで食品が買える店ということで一部マスコミにも取り上げられた。名前は中(中間マージン)を抜いて安く商品を販売することに由来している。以降順次、他店舗の中川ムセンもナカヌキヤに変更していった。

2002年には同じくキョウデン傘下(当時)の長崎屋とFC契約を結び、渋谷店と平塚店を出店し関東に進出(現在は撤退)。また中国・四国地方にも出店。

しかし経営状態は好転せず創業地のでんでんタウンから撤退、最盛期に30店舗以上合った店舗を9店舗にまで削減など大規模な事業縮小を行うがそれでも改善が見られぬ為、2005年7月に中川無線電機株式会社はキャラクター商品の企画・製造・販売を行うエスケイジャパンにナカヌキヤ8店舗を売却し、新会社(株)ナカヌキヤ設立。2005年8月に中川無線電機株式会社は社名をシグマ・ゲイン株式会社に改称(その後2010年9月にユートピアキャピタルに商号変更)。東北の地方スーパーサンマリを買収する(後に売却)など家電販売からは撤退し、投資・不動産会社に生まれ変わった。

業績の悪化に伴い2008年2月末をもって家電販売から撤退。家電製品を扱っていた店舗のほとんどを同年2月中に閉鎖している。

■つぶやき
長崎屋に関わると白山人脈になる?

タイトルとURLをコピーしました