スポンサーリンク

【wiki拾い読み】三鬼隆

wiki拾い読み

三鬼隆(2016年5月10日 (火) 12:43 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

三鬼隆(みき たかし、1892年1月14日 – 1952年4月9日)は、日本製鐵・八幡製鐵(現・新日鐵住金)元社長。鉄鋼業界の大御所だった。岩手県花巻市出身。父は実業家・政治家の三鬼鑑太郎。長男は元新日本製鐵会長の三鬼彰。出川哲朗の大伯父にあたる。

来歴
……
全国鉄鋼復興会議議長、日本鉄鋼連合会会長など業界活動や、経済復興会議副議長、日本経営者団体連盟会(日経連)第2代会長として財界活動も歴任。和の精神の経営者とされる。
1952年(昭和27年)4月9日、日航機もく星号墜落事故
で遭難死した

人物
……
・日本製鐵社長時代の直属の部下・永野重雄を育てたことが大きな功績として挙げられる。

もく星号墜落事故も、謎の財宝に関わる事件です。

wikipediaの死亡者には書かれておりませんが、

宝石デザイナー:小原院陽子:大安組のボス安藤明氏の娘

墜落現場には無数のダイヤが散乱していたとのこと。

情報元:疑獄と謀殺-戦後、「財宝」をめぐる暗闘とは(森川哲郎著)四章-消えた掠奪財宝事件より

風の息 上 (P+D BOOKS) 日航機「もく星号」墜落の謎を追う問題作

昭和27年4月9日、突然消息を絶った日航定期便福岡行き「もく星号」は、羽田を離陸した20分後に消息を絶った。
乗客には八幡製鉄社長・三鬼隆、漫談家・大辻司郎など著名な顔ぶれも混じっていた。翌日、伊豆大島三原山噴火口付近で、バラバラになった機体が発見されたが事故原因は特定されないまま。朝鮮戦争の最中に起ったこの事故は、果たして偶然か謀略か?

筆者代表作「日本の黒い霧」などと同様に、昭和の“謎”事件の真相を解明するため、記録的手法を導入して真正面から挑んだドキュメントタッチの長編小説・上巻。

タイトルとURLをコピーしました