「見えざる日本の支配者フリーメーソン」より
見えざる日本の支配者フリーメーソン
著 者 :島田四郎、高山数生、成澤宗男 出版社 :徳間書店 レーベル:5次元文庫
ペリーの黒船来航・強制開国に始まる明治の近代化、戦後のマッカーサー率いるGHQによる日本改革、「第二の敗戦」とも言われた金融ビッグバン。近代日本のターニングポイントすべてにフリーメーソンが関与していた。彼らの改革要望案は今も続く...。日本人が気づかないかたちで、政治・経済に影響を与える秘密結社を内部証言から大解剖。 ※この本は下記書籍の改訂・追補版です。 日本に君臨するもの-フリーメーソン日本ロッジ幹部の証言(高崎広)

1971年(昭和46)に出版された元毎日新聞記者・永渕一郎氏の著作『ユダヤ人と世界革命-シオンの議定書』によれば「世界のいたるところにフリーメーソン結社を増やさなければならない。この結社には社会的知名度の高い者、あるいはそうなりそうな人物を加入させる。なぜなら、それはわれらの主要な情報収集機関であり、これを基地にして、大きな影響力を社会に及ぼしうるからである」「フリーメーソンを指導するのは、われわれユダヤ人だけである......」(「第十五の議定」より)
世界を見通す目はハココネ(※ハコモノ・コネクションの略称)

シオン賢者の議定書(2016年6月26日 (日) 15:06 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

『シオン賢者の議定書』(シオンけんじゃのぎていしょ、英: The Protocols of the Elders of Zion)は、「秘密権力の世界征服計画書」という触れ込みで広まった会話形式の文書。1890年代の終わりから1900年代の初めにかけてロシア語版が出て以降、『ユダヤ議定書』『シオンのプロトコール』『ユダヤの長老達のプロトコル』とも呼ばれるようになった。

世界を見通す目とは?→世界を見通す目(ウィキペディア日本語版)

イメージで表現すると次の写真のような感じです。

ビル(ハコモノ)にある団体に仲間を入れて、シンジケート網(コネクション)を拡大させるシステムです。 兼任が異様に多い名士がいるのも、そのせいです。 兼任先が業種もバラバラでどうして、その会社や団体の役員になっているのか、疑問に思うことはありませんか? それは兼任の多い役員がコネクション用のハブ人脈として機能しているのです。

兼任している企業や団体も、ハココネの観点で検証すると、何故その人物が役員としてそこに在任しているのか理由が見えてきます。

明治時代はビルが少なかったので、個人ベースの兼任企業が異常なまでに多かったのです。 渋沢栄一がその筆頭でしょう。

ハブ人脈となるのは、グローバル資本支配層の息がかかった人物と見て良いでしょう。


旧「日本プロファイル研究所」ではここまででしたが、次回は次の記事からハココネを検証してみましょう。

https://993666hz.com/2017/07/post-316/