スポンサーリンク

東京ダモイ

雑談

東京ダモイ–wikiより
『東京ダモイ』(とうきょうダモイ)は、鏑木蓮による日本の推理小説。
2006年、第52回江戸川乱歩賞を受賞したデビュー作(早瀬乱の『三年坂 火の夢』と同時受賞)。

ひっくり返せば、ダモイ・トウキョウで

第1次中曽根内閣通産大臣宇野宗佑元首相のwikiより

シベリア抑留
1943年2月1日に学徒出陣により敦賀連隊に配属された。宇野は主計試験を受けたが、当初は成績が悪かった。
三重の津連隊に一時分遣後、5か月間、満州の新京経理学校で主計将校として訓練を受けた後、12月に主計少尉として朝鮮北部の連浦連隊に配属された。

1945年の終戦後、8月23日にソ連軍により武装解除され、4日後に朝鮮の宣徳収容所に入った。ソ連の船に乗り、10月7日にナホトカに上陸してマラザ収容所に入所した。それから宇野は2年間ソ連に抑留された。

1947年7月28日に収容所から出所、10月15日に帰還船「信洋丸」に乗って帰国して抑留生活を終えた。1948年11月に自身の抑留体験を綴った『ダモイ・トウキョウ』(ロシア語で「東京に帰る」の意味)を出版。この本は1952年に阿部豊によって『私はシベリアの捕虜だった』というタイトルで映画化され、大きな反響を呼んだ。

抑留者といえば–

(財)全国強制抑留者協会
東京都千代田区九段北1-8-2

千代田区九段北1-8-2→(株)陽光エステート、(株)陽光ビルメンテナンス、(株)九段エステート

■参考記事
国会質疑:長崎屋・小野グループ
陽光エステート

タイトルとURLをコピーしました