スティール・パートナーズ

スティール・パートナーズ(Steel Partners)は、アメリカ合衆国に本拠地をおくアクティビスト・ヘッジファンドの1つの総称。日本においては「スティール・パートナーズ・ジャパン・ストラテジック・ファンド(オフショア)、エル・ピー」(SPJSF)というケイマン諸島において設立されたリミテッド・パートナーシップを投資のためのビークルとして利用している。SPJSFのゼネラル・パートナーは、SPJS Holdings, L.L.C.。
代表は1966年生まれで、ペンシルベニア大学卒の
ウォーレン・リヒテンシュタイン

ウォーレン・リヒテンシュタイン

ウォーレン・リヒテンシュタイン(Warren G. Lichtenstein, 1966年 - ) はニューヨークに籍を置くヘッジファンド、スティール・パートナーズの代表である。ウォレン・リヒテンシュタインは、SPJSFのパートナー。米国スティール・パートナーズIIの共同設立者であり、マネージング・メンバーを務めている。また、現在KT&Gコーポレーションの取締役、SLインダストリーズ・インク、ユナイテッド・インダストリアル・コーポレーション、WHXコーポレーションの取締役会会長を兼務している。
……
彼はスティール・パートナーズ財団という名の慈善団体も経営しており、コロラド州アスペンシナゴーグを建設する際に重要な役割を果たした。
……
家族
……
また、ステファンという息子がその母親であるリリー・マンデラチアと共にコロラド州アスペンに住んでいる。

アスペン

アスペン(Aspen)は、アメリカ合衆国コロラド州西部、ロッキー山中に位置する都市。同州ピトキン郡の郡庁所在地である。人口は5,914人(2000年国勢調査)。19世紀後期に銀鉱山の町として創設され、発展したが、1893年の恐慌の影響で銀の生産量は激減、街は寂れていった。しかし20世紀中盤に入ると、この地の良質な雪質を活かしたスキーリゾートとして生まれ変わった。20世紀後半に入ると、富裕層や芸能人などがアスペンに住居や別荘を構えるようになり、通りには高級ブランドのブティックが立ち並ぶ高級リゾート地となっていった。この地に住んだ著名人の中でも、カントリー歌手ジョン・デンバーは、コロラド州の正式な州歌となっている「ロッキー・マウンテン・ハイ」をはじめ、アスペンを題材とした楽曲を数多く発表した
……
姉妹都市
……
ダボス(スイス)

アスペン研究所について(国際基督大学)

アスペン研究所の発足は、1950年に遡ります。
第二次大戦後、1949年コロラド州アスペンにて、ゲーテの生き方を手本とし、”人格教育の必要性と相互の理解/尊厳に基づく”対話の文明”を訴える会議 が開催されました。戦後の混乱の中、専門化と細分化、職能主義、効率主義、短期利益主義などの飽くなき追求によって失われて行く人間の基本的価値を取り戻 すには、対話を充実させ、コミュニティを再構築していくべきだと言うのが主たるテーマでした。そのためには、日常の煩雑さから解放され、ゆっくりと語り合 い、思索するための理想的な場を提供する機関が必要との考えから、アスペン研究所が設立されました。

★(一社)日本アスペン研究所
東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル 2F