スポンサーリンク

【wiki拾い読み】天正地震

wiki拾い読み

天正地震

天正地震(てんしょうじしん)は、天正13年11月29日(1586年1月18日)に日本の中部で発生した巨大地震である。

天正大地震(てんしょうおおじしん)あるいは天正の大地震(てんしょうのおおじしん)とも呼ばれる。また、各地の被害から長浜大地震(ながはまおおじしん)、白山大地震(はくさんおおじしん)、木舟大地震(きふねおおじしん)、天酉地震とも呼ばれる。
……
地震後
1586年の天正大地震後、近い時期に大地震が複数起こっており、それらの引き金を引いた可能性がある。
1596年9月1日(文禄5年閏7月9日)
慶長伊予地震(慶長伊予国地震)- M 7.0。
1596年9月4日(文禄5年閏7月12日)
慶長豊後地震(大分地震) – M 7.0〜7.8。
1596年9月5日(文禄5年閏7月13日)
慶長伏見地震(慶長伏見大地震) – M 7.0〜7.1。

タイトルとURLをコピーしました