スポンサーリンク

辻嘉六、児玉誉士夫、鳩山一郎

雑談

児玉誉士夫のお宝
児玉誉士夫→巣鴨プリズン(跡地はサンシャイン60)に入る前に、辻嘉六へ
サンシャイン60→(株)オリエントコーポレーション 本店旧所在地

辻嘉六からお宝は→鳩山一郎へ

この辺は色んな本に載っている良く知られた話。

そのお宝を、河野一郎が売り歩いたとのこと。

1948年12月21日-政友会の黒幕・辻嘉六死亡
1948年12月23日-A級戦犯東條英機絞首刑
1948年12月24日-A級戦犯岸信介児玉誉士夫笹川良一巣鴨拘置所出所

辻嘉六から笹川良一&児玉誉士夫の時代へ

隠匿財宝移動
児玉誉士夫→辻嘉六→鳩山一郎
児玉誉士夫→辻嘉六邸の庭にラジウムを埋める
ラジウム→GHQに接収

辻嘉六-(田中角栄を歩く)

辻嘉六は、明治期に台湾総督に就任した児玉源太郎の私設秘書になったのを振り出しに原敬、床次竹二郎、久原房之助鳩山一郎ら政友会系の政治家と親密な関係を保ってきた政界のフィクサーだ。

隠退蔵物資事件(2012年8月29日 (水) 04:17 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

隠退蔵物資事件(いんたいぞうぶっしじけん)は、旧日本軍が戦時中に民間から接収したダイヤモンドなどの貴金属類や軍需物資について、GHQ占領前に処分通達を出し、大半が行方知れずとなった事件。

その後、この資金が辻嘉六などを通じて政界に流れていることが分かり、その調査のため衆議院に「不当財産取引調査特別委員会」が置かれた。日本国憲法に規定された国政調査権をフル活用し、政界・財界の大物を次々と喚問。これが芦田内閣の早期瓦解につながった。

また検察には「隠匿退蔵物資事件捜査部」が設置された。この隠匿退蔵物資事件捜査部は、東京地方検察庁特別捜査部の前身にあたる。

日本民主党(2016年7月10日 (日) 02:22 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

成立年月日:1954年11月24日
解散年月日:1955年11月15日

……
自由民主党の派閥の一つ、「清和政策研究会」が思想の潮流を継ぐ。
総裁 鳩山一郎 フリーメイソン
辻嘉六児玉誉士夫→隠匿財宝
副総裁 重光葵 1945年9月2日:降伏文書調印全権団
腹心:加瀬俊一※息子→加瀬英明
幹事長 岸信介 A級戦犯
児玉誉士夫笹川良一
タイトルとURLをコピーしました