スポンサーリンク

プライド・運命の瞬間〜wiki拾い読み+

wiki拾い読み

プライド・運命の瞬間
プライド・運命の瞬間(プライド・うんめいのとき)は、1998年5月23日に東映で全国劇場公開された、日本の映画である。極東国際軍事裁判結審50周年記念作品であり、東日本ハウス創立30周年記念作品である。

概要
極東国際軍事裁判(東京裁判)でA級戦犯として裁かれた東條英機を主役として描いた。戦争責任を敗戦国に全て押し付けようとする連合国に対し、東條が法廷にて「たったひとりの戦い」に挑むというストーリーで、“東條英機(A級戦犯)=悪玉”論でなく、1人の人間として東條英機を描いた作品である。

脚注
1 創業者にして当時の会長・中村功が「
ラダ・ビノード・パール判事を主人公にした映画を作りたい」という企画を東映に持ちかけたのがキッカケ。それに対し、伊藤監督から「日本国内上映の映画ではパール判事の物語ではウケない。どうせやるなら東條英機を題材にしたらいいのでは」と逆に提案され、内容が決まった。ただ、当初の企画への配慮か、パール判事のエピソードやインド・ロケも物語に盛り込まれ、2時間41分の超大作になった。
2 製作費15億円を東映と分担することになった東日本ハウスは、この製作の受け入れ子会社として「東京映像制作株式会社」を設立し、前売り券を大量に引き受けた。

志士経営者倶楽部参照
同台経済懇話会〜wiki連鎖参照

中村功氏→元・宝くじ神社(株)代表取締役
宝くじ神社(株)→岩手県の宝くじ販売会社で現在は(株)ドリームタウンの傘下

中村力
中村 力(なかむら りき、1962年1月19日 – )は、日本の政治家。衆議院議員(1期)を務めた。

略歴
実父は東日本ハウス創業者で
青年自由党代表の中村功。東京大学法学部を卒業し、郵政省に1986年から1989年まで勤務。

青年自由党
青年自由党(せいねんじゆうとう)は、東日本ハウス創業者で元社長・中村功が党首を務めた保守系の政治団体。

概要
1993年の第40回衆議院議員総選挙に岩手県第1区_(中選挙区)より無所属で立候補、当選し、「自民党・自由国民会議」の一員として活動した中村力(功党首の息子)は事実上ここの推薦候補とも言えるものであった。母体は企業経営者の政治学習組織漁火会。かつて漁火会は政治家養成組織として知られた。

映画『プライド・運命の瞬間』『ムルデカ17805』の製作を指揮し、上映について物心両面で支援していた。

同党所属の地方議員が複数いたが、『ムルデカ―』興行失敗など、党首の事業失敗により活動が先細りし、所属議員や候補者は自民党や維新政党・新風などに移籍。現在は機関紙「漁火新聞」を発行するのみである(総務相への政治資金収支報告書提出は2004年・2005年と2年連続怠り2006年4月1日以降は政治団体ではない人格なき社団)。近時では機関紙・漁火新聞2010年6月号において中村会長が「漁火会は日本創新党に期待し、会として応援する」と発言した旨の報道があった。

党名に青年を冠するが、入党に年齢制限は無かった。これはマッツィーニの「青年イタリア」にあやかったもの。

■東日本ハウス(株)有報(H24)より
小杉道夫監査役
(株)中部商事、(株)イーエルエム→ハーデス・グループの宝くじ販売会社

0816a

■東日本ハウス(株)有報(H21)より
石水親和監査役
(株)ソシエテアクセプタンス
他のハーデス・グループ経歴
(株)シーエルシー監査役、(株)四国商事監査役、(株)エスエヌシー監査役、(株)南九州商事監査役

0816b

タイトルとURLをコピーしました