スポンサーリンク

ホテルニュージャパン〜wiki拾い読み

wiki拾い読み

ホテルニュージャパン
ホテルニュージャパン (Hotel New Japan) は、かつて東京都千代田区永田町にあったホテルである。1982年(昭和57年)の火災事件を機に閉鎖され、廃業した。

歴史
開業まで
ホテルの敷地は二・二六事件の際に部隊が立ち寄った日本料亭「幸楽」の跡地だった。「幸楽」は戦時中、撃墜されたB-29が直撃、大破全焼している。

藤山愛一郎率いる藤山コンツェルンが設立母体となり、当初このホテルは高級アパートメントとして計画されていた。しかしその後突如としてホテルへと計画変更され、1960年に開業する。当時は東京オリンピックの開催を目前とした第一次ホテルブームが巻き起こり始めていた時代でもあり、結果的にこのホテルはその先駆けとなった。

ホテルニュージャパン火災
ホテルニュージャパン火災(ホテルニュージャパンかさい)とは、1982年(昭和57年)2月8日に、東京都千代田区永田町のホテルニュージャパンで起こった火災事故。33人の死者を出した。
……
消防の対応
東京消防庁では、第一報となる3時39分のタクシー運転手からの119番通報を受け、消防車など21台、救急車1台を出場させたが、「上階が激しく延焼し、要救助者が多数発生している」という現場からの報告を受けて矢継ぎ早に部隊を増強、午前4時2分には最高ランクの出場態勢である「火災第4出場」を発令、さらに基本運用規程外の応援部隊を出場させる「増強特命出場」と、多数の負傷者に対応するための「救急特別第2出場」をあわせて、ポンプ車48台、はしご車12台を始めとする123隊(101個消防隊、22個救急隊)を投入、消防総監が現場最高指揮を執るという、全庁を挙げての消火活動を行った。
また、
この火災が起きた翌朝に日本航空350便墜落事故が発生し、相次ぐ惨事に東京消防庁やマスコミは対応に追われた。
……
脚注
同ホテルに保管されていた藤山愛一郎による中国近現代史料コレクション「藤山現代中國文庫」が焼失している。

■つぶやき
藤山愛一郎の痕跡なきまでに徹底的に潰したのは?
藤山愛一郎といえば→日本エーエム
メモ:フリーメーソンの秘密より参照
プライムシステム参照

タイトルとURLをコピーしました