読んだ本から

読んだ本から

虚業: 小池隆一が語る企業の闇と政治の呪縛

期待していたのとは異なる方向で、興味深い情報が多いです。随時更新していきます。 ■198Pより そもそも、小池は97年の出所後に、弁護士の内野経一郎から紹介され、山田と知り合った。小池の記憶によれば、初めて山田の名前を聞いたのは出所後、...
2020.05.15
読んだ本から

第1回宝くじのデザイン

「取締役宝くじ部長〜異端のバンカー・片岡一久の生涯/大山真人著」より抜粋 あれこれデザインを考えたすえ、三種の神器のひとつである八咫鏡を中央に置き、その左右に平和の意味を込めて鳩を一羽ずつ配し、両サイドに桜の花びらをあしらったデザインを完成...
2020.05.15
読んだ本から

疑獄と謀殺

●疑獄と謀殺〜戦後、「財宝」をめぐる暗闘とは(森川哲郎)より P90より フィリピンからの問題の掠奪ダイヤは俗に山下兵団の財宝といわれるものであったが、憲兵隊が掠奪したものという。 その後ひそかに日本に運ばれ、隠匿されたものであった。その...
2020.05.11
読んだ本から

取締役宝くじ部長〜勧銀の企画部長

「取締役宝くじ部長〜異端のバンカー・片岡一久の生涯/大山真人」より 企画部というのは、勧銀全体を支える取締役、各部部長、支店長といった経営陣の調整をはじめ、最も重要な大蔵省関係の窓口になる部で、さらに子会社の取締権を一手に握る、勧銀の中枢...
2020.04.24
読んだ本から

日本人の99%が知らない戦後洗脳史 嘘で塗固められたレジーム

日本人の99%が知らない戦後洗脳史 嘘で塗固められたレジーム 苫米地英人著 amazonの商品説明より 知られざる戦後体制(レジーム)の洗脳 ◎ 戦時中、貴金属や燃料、建設資材などを、日本軍は接収し、本国に送っていた...
2020.04.21
読んだ本から

日本不動産研究所

「日本勧業銀行七十年史」の巻末年表より 昭和29(1954)年5月12日--勧友ビルディング(株)設立昭和34(1959)年2月24日--日本不動産研究所設立昭和34(1959)年9月10日--台北支店開設 ■考察公益法人の日本不動産研究所...
2020.04.18
読んだ本から

プライムシステム問題と巽悟朗大阪証券取引所社長と金融庁市場課長

登場人物は、現在の経済事件でも人脈が続いている実名記載の不朽の名著 「兜町コンフィデンシャル-株式市場の裏側で何が起きているのか」高橋篤史著 192-193pより ■大証の災難■「北浜のドン」との異名もとった光世証券創業者で大...
読んだ本から

バチカンの秘密〜見えざる世界帝国の真実【赤間剛】

バチカンの秘密〜見えざる世界帝国の真実【赤間剛著】1985年5月31日 第1版第1刷発行 ●第九章 バチカンの対日戦略 362pより 現在日本には五大宗教系列がある。①神社本庁②教派神道連合会③全日本仏教会④日本キリスト教連合会⑤...
読んだ本から

竹島密約

「竹島密約」ロー・ダニエル著 227Pより 竹島・独島問題は、解決せざるをもって、解決したとみなす。したがって、条約では触れない。 (イ)両国とも自国の領土であると主張することを認め、同時にそれに反論することに異論はない。 (ロ)しかし、...
読んだ本から

小林中とM資金〜読んだ本から

■「内幕 ●日本を操ってきた権力の裏面史」加納明弘+高野孟著 54-55Pより ●政財界M資金コネクションM資金の日本がわ関係財界人として、消息通にたえず名指しされるのは、小林中と植村甲午郎の二人である。この二人は戦後日本を代表する第一級...
タイトルとURLをコピーしました