スポンサーリンク

【wiki拾い読み】開陽丸

wiki拾い読み

開陽丸(2015年11月28日 (土) 08:49 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

開陽丸(かいようまる)は、幕末期に江戸幕府が所有していたオランダ製軍艦である。
……
概要
開陽丸は江戸大老井伊直弼の意思を継いだ安藤信正(信睦)によってオランダより導入された江戸幕府の軍艦である。オランダで造艦され、1867年(慶応3年)3月25日に横浜へ帰港した。

……
歴史
……
一方、選ばれた留学生達は、1862年(文久2年)9月11日長崎を出港、1863年(文久3年)4月16日にオランダのブローウエルスハーヘン港に到着した。当地での留学生たちの世話は長崎海軍伝習所で教官を務めていたカッテンディーケ海軍大佐とメーデルフォールト軍医が見ることとなった。

オランダへ留学した15名

氏名 職業 修学内容
内田恒次郎 軍艦操練所軍艦乗組 船具運用、砲術専攻
榎本釜次郎 軍艦操練所軍艦乗組 船具運用、砲術、機関専攻
澤太郎左衛門 軍艦操練所軍艦奉行支配 船具運用、砲術、鉄砲火薬専攻
赤松大三郎 外国奉行支配役並出役 船具運用、砲術、造船専攻
田口俊平 外国奉行支配調役並出役 船具、砲術、測量専攻
津田真一郎 洋書調所教授方出役 国際法、財政学、統計学専攻
西周助 洋書調所教授方出役 国際法、財政学、統計学専攻
古川庄八 水夫頭習得
山下岩吉 上等水夫習得
中島兼吉 大砲鋳物師習得
大野弥三郎 測量機械師習得
上田寅吉 船大工 船大工習得
林研海 医師 医学専攻
伊東玄伯 医師 医学専攻
大川喜太郎(病死) 鍛工習得

津田真一郎津田真道
西周助西周

日本のフリーメイソンリー(2016年1月27日 (水) 19:35 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

日本のフリーメイソンリー(にほんのフリーメイソンリー)は、日本において活動するフリーメイソンリーの諸団体である。1957年に日本グランドロッジが設立されて以降、主として日本において活動しているフリーメイソンリーは日本グランドロッジ管轄のロッジである。初めて日本に来たフリーメイソンは1779年から在日オランダ商館長として滞在したイサーク・ティチングである。
……
著名な日本のフリーメイソン
西周(1829年生、1864年10月入会) – 思想家、貴族院議員。
津田真道(1829年生、1864年11月入会)- 思想家、貴族院議員。西周とは明六社の同士。
林董(1850年生、1903年2月入会)- 香川県知事、 兵庫県知事、第19代逓信大臣、第21代外務大臣等を歴任。1903年5月、マスターメイソン昇級(raised)。幣原喜重郎はロンドン滞在中に林董からメイソンの精神を探求していた。幣原はロンドンでメイソンリーに入会したかったが、その前にロンドンから異動することになった。幣原は友愛精神を有する社会的平等の実現が第二次大戦後の日本においてマッカーサーにより支援されていることに感激し、日本人が自由を手にすることを期待していた。


幕府オランダ留学生
幕末の遣欧使節団

幕府は先進国の軍事技術・学問修得のため、文久2(1862)年優秀な幕臣と職人をえりすぐってオランダに派遣した。

 軍艦操練所からは内田恒二郎、榎本釜次郎、沢太郎左衛門、赤松大三郎、田口俊平、蕃書調所からは西周と津田真道、長崎養生所からは医学を勉強中の伊東方成と林研海、それに船大工上田寅吉等の職人である。同年9月長崎から出帆したが、ジャワ海で難船の厄に遭い、オランダに到着したのは文久3(1863)年4月であった。各人は同地で長期にわたって勉強し、慶応元(1865)年から4(1868)年にかけて、順次帰国し、日本の諸科学の基礎を築いた。

 ここに示す写真の内斎藤万次郎なる人物は、仏人モンブラン伯が文久2(1862)年来日の際本国につれてかえり、私設秘書として使用した賢次郎(ヅラール・ド・ケン)なる男性である。

シャルル・ド・モンブラン〜wiki拾い読み

薩摩藩とフランス

日本におけるオリーブ
小豆島オリーブ園

我が国へのオリーブの樹の伝来は、文久2年及び慶応3年に医師林洞海フランスから輸入した苗木を横須賀に植えたのが最初とされています。

順天堂の系譜~土方歳三と榎本武揚が1つの家系図の中に。
2006年4月14日-月夜に晩酌

実は、土方歳三の義兄、佐藤彦五郎の四男で有山家に養子に行った彦吉氏の息子にあたる有山登氏が順天堂の第5代党首だったんですね~。知りませんでした。

■考察
オリーブといえば、政治家では小沢さんが常々口にする、なんたら構想。
小豆島といえば→ダイゾー〜wiki拾い読み

マルキン忠勇(株)→ジャパン・フード&リカー・アライアンス(株)

タイトルとURLをコピーしました